アイスホッケージャンボ

昭和53年(1978)(推定)/エポック社

アイスホッケージャンボ 全景

最後にして最高傑作

全長約85cm×50cmの圧倒的サイズを誇る、文字通りジャンボサイズのエポック社ホッケーゲーム史上最大にして最上位機種。
恐らくは時を同じくして発売されたであろう(正確な発売年は不明)レギュラーサイズのアイスホッケーゲームの項でも触れたが、当時格段の進歩を遂げたプラスチック成型技術がこのような大型化を実現させたものと思える。そのサイズ感たるや圧倒的で、思わず「キング・オブ・アナログゲーム」の称号を謹呈したくなる。
当時すでに19歳、酒・タバコ・麻雀・パチンコに明け暮れていた(おいおい)私は、本機の存在など知る由もなかったが、もしもこのとき小学校高学年であったなら、本機欲しさのあまり、毎夜まんじりともできなかったであろう。

アイスホッケージャンボ リアル選手人形1

リアルな選手人形

リンクのサイズだけでなく、選手人形及びその装備のリアルさに思わず息を呑む。
顔面こそ寄る年波ですっかり皺だらけになり、今ひとつはっきりしないものの、前傾姿勢でスティックを巧みに操ってパックをキープする年季の入った姿は、いかに年齢を重ねようとも本物のアイスホッケー選手そのものだ。
本機の製作に際しエポック社開発陣がとことんまでリアリティにこだわろうとした熱意がひしひしと伝わってきて、静かな感動がこみ上げてくるのをこらえることができない。

アイスホッケージャンボ リアル選手人形2

掉尾を飾る名機

本機が発売された(推定)昭和53年(1978)は、ゲームを含む玩具業界に激震が走った年だった。8月にあの「インベーダーゲーム」が世に出されるや、瞬時にして日本全国に一大ブームを巻き起こした。
私事で恐縮だが、当時通い詰めていたパチンコ屋から、あっという間に客の姿が消えたのを、あれから40年以上を経た今でも昨日のように鮮明に覚えている。もっとも、私自身は流行りものに敢えて一切興味を示さないという天邪鬼な性格ゆえインベーダーゲームには一切関心がなく、客にパチンコ屋が空いて台が選び放題だったのを喜んだ。それでも勝つことはほとんどできなかったが。
そんなわが暗黒の青春時代の無駄話はさておき、この時を境にして、多くの子供~少年は本機に代表されるような、いわば旧時代の産物ともいえるアナログゲームにはこれ以降見向きもしなくなっていく。
実際、過去最大サイズと究極の完成度を誇った本機を最後に、エポック社はこれ以降アイスホッケーゲームの発売しなくなる。やがてそれに代わって登場するのが、本機とは比較にならないほどの運動量と反射神経が要求されるエアホッケーゲームだ。
本機はそんな歴史が移り変わる谷間に人知れずひっそりと咲いた、それにしては巨大なあだ花、とでも言えようか。そういえば必死にゴールを守る「千の顔を持つ男」と言われた伝説のプロレスラーそっくりのマスクを着用したキーパーの表情も、心なしか曇りがちに思えてくる。
◆ホッケーゲーム一覧に戻る