ビッグボーリング

昭和46年(1971)/野村トーイ

ビッグボーリング 全景

野村トーイも参入

昭和46年(1971)は日本全国にボウリングブームが吹き荒れたが、ゲーム業界においても同様のことが起こる。
先行するエポック社、ヨネザワに追いつけ追い越せとばかり、あの野村トーイまでもが、全長90cmの雄大サイズを誇る本機を携え、敢然と参入を果たしたのだ。

ビッグボーリング ピンセッティング

こだわりの装置

本機の驚くべき特徴について、以下20年前の記事を引用する。
「他社製品との差別化を図るために、いかにリアルなピンセットシステムにするか、野村トーイがこだわったのは恐らくこの一点だったのではないか。
特にスウィープ機能に関する徹底ぶりは凄まじく、すでに本機においてほぼバーフェクトな状態で登載されている。
われわれプレイヤーとしてはもうこれで十分と思うのだが、同社はさらに改良を加え、新機能を付加し、その結果、世にも複雑怪奇なピンセッティング装置を世に送り出すことになる」
ここで言及されている新たなピンセッティング装置については、ニュービッグボーリングの項をご参照願いたい。

ビッグボーリング 選手人形

手長人形

その、少々バタ臭いながらもなかなかに甘いマスクは、現在関東圏で平日午前中に放映されている散歩番組に出演する某人気タレントを想起させる。
だいいちヨネザワのそれのように顔面や足が真っ二つに割られていないだけも十分に好感が持てる。
しかしこの選手人形、やたらと腕が長く、からだ全体がアンバランスなのが返す返すも残念な点だ。開発費のほとんどすべてをピンセッティング装置に注ぎ込んでしまった結果、選手人形の造形にまでは十分な予算が回ってこなかったものと推測できよう(未検証&未確認)。
◆ボウリングゲーム一覧に戻る