サッカーゲーム

昭和40年(1965)/エポック社

サッカーゲーム 全景

サッカーゲームの夜明け

本機はサッカーゲームジュニア同様、東京オリンピックの翌年、昭和40年(1965)に発売された。
天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝が元日に開催されるようになったのはこの4年後、昭和44年(1969)からであることも考えても、 当時の実業団サッカーの人気が、すでにプロ化して久しい野球のそれに比肩するほどであったとは、残念ながら少々考えづらい。 従ってこのアナログサッカーゲームに関して独壇場であったはずのエポック社のサイトを見ても、往年の機種の変遷を辿ることは叶わない。
ちなみに、後のプラスチック成型版の3サイズ展開(ノーマル/デラックス/ジャンボ)とは異なり、このブリキ板時代はジュニアと本機の2機種の発売であり、それは別項にて紹介しているホッケーも同様だ。

サッカーゲーム 懐かしのブリキ選手たち

時代を感じる得点板

得点板には「ヤンマー」「三菱」のボード。ヤンマーといえば釜本、そして三菱といえば杉山。
それ以外にも付属品には「古川」「日本鋼管」「東洋」などのチーム名ボードを見ることができる。いずれも昭和を代表する「重厚長大産業」のトップ企業ばかり。大手IT企業名がズラリと並ぶ今日のスポーツチーム名と比べると、まさに隔世の感あり。

サッカーゲーム すっ飛ぶキーパー

横っ飛びする守護神

サッカーゲームジュニアではゴールキーパーもその他選手と同じブリキ板であったのが、本機では立体的造形の人形、しかもゴール後ろのレバーをひねることで左右に横っ飛びして(正確には倒れ込んで)味方のゴールを死守する。
しかしこれでは他の選手をコントロールするレバーとは明らかに異なる手の動きが要求されることになる。果たして一瞬の判断に基づく俊敏かつスムーズなキーパー操作に移行できるものか、疑問が残る。
◆サッカーゲーム一覧に戻る