オールスター野球盤B型

昭和42年(1967)(推定)/エポック社

オールスター野球盤B型 全景

夢の球宴

エポック社の野球盤サイトによるとオールスター野球盤B型は昭和42年(1967)と昭和45年(1970)の2度発売されたことが記録されている。
そのうち上の写真の盤面デザインは同サイトの写真では前者の昭和42年(1967)バージョンとされている。

オールスター野球盤B型 盤面

往年の名選手がズラリ

投手は投げるたびに帽子がずれるのがトレードマークとなっていた堀内投手、1塁は王、2塁は土井、3塁長嶋の各選手。ここまでは皆巨人の選手だからわかる。
しかし阪神のユニフォームを着た遊撃手は誰か?(盤面印刷は発売の前年と仮定すると)昭和41年(1966)オールスターではセ・リーグの遊撃は吉田義男選手、昭和44年(1969)だと藤田平選手、古くからの阪神ファンにはまことに申しわけないが、このイラストがいずれの選手を表しているのか、にわかには判断がつき難い。

オールスター野球盤B型 謎の選手

投球練習中のこの選手は…

今さら20年前の恥をさらすようで恐縮だが、当時このページについて記述した際、この投手を「太田幸司」と紹介してしまった。
しかし太田選手のプロ入り~オールスターゲーム選出は昭和45年(1970)だから、もし本機が同年発売だとしても盤面プリントが間に合うかどうか。さらにはユニフォームの判読可能な文字は「ETS」の3文字で、バファローズとは書かれていない。(背番号は太田選手と同じ18番だが)
謎が謎を呼ぶ謎だらけの野球盤、時間があれば一度徹底的に調査してみたい。
◆野球盤ゲーム一覧に戻る