ジャイアンツ野球盤BM型人工芝球場

昭和54年(1979)/エポック社

ジャイアンツ野球盤BM型人工芝球場 全景

デザインAM型、サイズCM型

BM型とは、AM型の機能とデザインをそのままに、サイズをCM型に縮小したものと考えて差し支えないだろう。
百貨店の玩具売り場や街中にあるおもちゃ屋の店頭で「これが欲しい!」とAM型を指をさしてせがむわが子に「大きさ以外は同じなんだから、これでガマンしなさい」と、半ば懇願するかのように懸命に諭す親の姿が目に浮かぶ。
そうだ、買ってもらえるだけ幸せだぞ、少年。

ジャイアンツ野球盤BM型人工芝球場 ワンタッチヒッティング

美しい人工芝

本機で目を引くのは鮮やかな緑色が目にまばゆい人工芝。
それに加えて1球ごとに玉をセットする必要がなくなった連続投球装置の導入。
でもどこかおかしいような気が…?

ジャイアンツ野球盤BM型人工芝球場 投球装置の向きが逆

投球装置の向きが逆

20年以上前にこの写真を撮影した時は不覚にもまったく気がつかなかったが、投球装置の向きを逆にセットしているではないか、恥。
こんなにも狭い出口から、いったいどうやったら球が出てくるというのか。やがて再度撮影する機会が訪れた折には、なんとしても訂正したい。
◆野球盤ゲーム一覧に戻る