魚雷戦ゲーム(初代)

昭和42年(1967)/エポック社

魚雷戦ゲーム(初代) 全景

海中を進む魚雷

昭和30年(1955)~40年(1965)生まれ男性なら、子供の頃一度は遊んだ経験があるのではないかと思わせるほどの大ヒットシリーズ。
小さな鉄球を反対側にある敵艦の、プラスチック板の下に隠れた突起に当てて倒すことを競うという、実に単純極まりないゲームだ。
しかし、盤面を覆う青いプラスチック板の紺碧の海中を音もなく進む魚雷(鉄球)が敵艦に命中、これを沈没させたときに得られる興奮、あるいは逆に、敵の魚雷が味方戦艦をかすめたときのゾクゾクするようなスリルは、それまでのどのゲームでも味わうことができなかった。
今思うと、この頃の子供たちは、なんとまあ実に他愛なかったことか。

魚雷戦ゲーム(初代) 発射口

発射口は鉄板

上の写真手前の左右どちらかの穴に魚雷(鉄球)を込め、発射口裏にあるスイッチを押すと、発射された魚雷が手前に見える銀色の鉄板を勢いよく転がり落ち、海面を表す青いプラスチック板の下から敵艦めがけてまっしぐらに進んでいくという仕組み。
初代機ではこのように、左右どちらの穴から発射された魚雷であっても結局は同じ鉄板を通って海中に潜るので、左右別々の玉込めポケットが本当に必要なのかという疑念も沸いてくる。エポック社はそうした声に応えるかのように、次の二代目機種ではその点に大きな変更がなされる。
ちなみに、海面に白線で描かれているのは発射角度の目安だが、あくまでもゲームに迫真性を持たせるための演出であって、勝敗の行方を左右するほどのものではない。

魚雷戦ゲーム(初代) 相手戦艦を見る

非日常世界

この魚雷戦ゲームは初代である本機の後、そのたびにマイナーチェンジが施されたバージョンが、繰り返し発売されていく。
基本的には青いプラスチック板の下を鉄球が行き交うだけの超シンプルなゲームがなぜそこまでロングセラーを記録し得たのか、それについては手前味噌ながら20年前の記述が明確に言及しているように思える。
以下はその引用。
「このアングルを見ていただきたい。大海原のはるか向こうに見える敵艦隊のたたずまいがなんとも不気味に見える。野球やサッカーと違って、日常生活においては体験不可能な『大海戦』だからこそ、スリルと恐怖を伴ったある種の『高揚感』が、全国の健全な子供たちをしてこのゲームに熱中せしめたのではなかろうか。くれぐれも『好戦的意識を助長させる』などと不粋なことは言わないように」
それを肯定、いわんや賛美する意図は毛頭ないが、昭和30~40年代は皆があらゆることに対して今より寛容…もとい、鈍感な時代だったと言えよう。
◆魚雷戦ゲーム一覧に戻る